CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
にんげんだもの
にんげんだもの (JUGEMレビュー »)
相田 みつを
ご存知いしい家愛読書。
「心」に響きます。
MOBILE
qrcode
<< 退職届 | main | お騒がせしました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
NO WORD

実は、と言うほどの事もないんですが、先日山梨県の道志村という所に男友達4人で泊りがけでキャンプに行ってきました。
もちろん火を熾してバーベキューをしました。

『炎』ってなんだか幻想的で宗教的ですね。
男4人、ただ無言で燃え盛る炎を見つめてどのくらいの時を過ごしたでしょう?
そこには言葉は無くとも「時」「場所」「空気」を共有しているという無限の空間が存在していました。
| | 23:32 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:32 | - | - |
コメント
はじめまして。tomsと申します。(フフフッ)
僕も炎が大好きです。(変な意味じゃなくてですよ!)
心を「無」にしてくれて、皆の心を1つにしてくれる
無限大な「力」。最高ですよね。
炎を眺めていた時間を、心の中にしまっておくのが
自分の生きる自信につながる気がして…。
| toms | 2004/05/18 10:52 PM |
初めましてtomsさん!(フフフフッ)
本当にあの炎を眺めていた時間は
恐ろしくゆっくりとしかし速く
そして穏やか克つ激しく流れていました
…すべてを燃え盛る炎の乱舞に任せて…。

あのような時間の流れこそが人生において
大切な事なのではないかと思う。

出発前の出来事などちっぽけな事と思える程…。
| ishiike | 2004/05/20 1:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ishiike.jugem.cc/trackback/20
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/26 11:09 AM |